恋活
家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック

------------------ 球陽巻16-1 ------------------

  • [★★-- msearch版球陽全文検索ができます。ここをクリックして検索してください --★★]


  • [★★-- mamas版 球陽全文検索ができます。ここをクリックして検索してください --★★]


  • [本文1282]二十年、下庫理座の、朝覲する所の禁制を定む。
  • [本文1283]城内の禁制を定む。
  • [本文1284]二月二十三日、久米島仲里郡に霞有り。
  • [本文1285]三月三日、雷、大里郡与那原村に落つ。
  • [本文1286]三月十日、国中より久米・慶良間島に至るまで地震ひ、海水騰涌す。宮古島及び八重山島に在りても、亦、地震ひ、海浪騰涌し、多く土地・人民を損す。主上、使者を遣はして祭を賜ひ、且功労有る者を褒奨す。
  • [本文1287]八重山島大地に赤蝿発生す。
  • [本文1288]八重山島の南風見・仲間二村地震ひ、地陥り水湧く。
  • [本文1289]六月二十四日、東宮御近習役三人を加増し共に六員を充つ。
  • [本文1290]七月二十五日、東宮員役の俸禄を額定す。
  • [本文1291]九月二十五日、世子尚哲、東宮に移徙す。
  • [本文1292]十月二日、小禄県の、駅を安次嶺・赤嶺の前に遷すを准す。
  • [本文1293]二十一年、疫気大いに行はる。庶人を賑ひ併せて喪服を省免するを諭す。
  • [本文1294]四月二日、平良村の、旧籍に遷るを准す。
  • [本文1295]五月十四日、始めて、稲穂祭並びに其の大祭は大礼に係る有り。嗣後、世子も亦入朝して礼を行ふことを定め、永く著して規と為す。
  • [本文1296]六月二十一日、王子及び三司官は、毎年春夏、俸禄の初を以て、世子に奉献することを准定す。法司具奏するに因りて、故に之を准す。
  • [本文1297]九月、始めて、首里・泊・久米村・那覇の民夫を役使することを定む。
  • [本文1298]十月十五日、宮城の鏡を鋳るを褒奨す。
  • [本文1299]十月十六日、宮古島の人、多良間首里大屋子等、時刻を候定するを褒奨す。
  • [本文1300]十二月朔日、本部県、復、検者を置くを准す。
  • [本文1301]二十二年正月、王子座敷に仮与力一人を加置するを推定す。
  • [本文1302]十一月十一日、雷、宮古島前里村に落ち、前里を撃死す。
  • [本文1303]二十三年正月十日、元旦及び上元・冬至に便を遣はして天王廟に進香することを諭定す。
  • [本文1304]久米島仲里県に雨雪、交々降り、草木の葉、月白の土色に染むるに似たり。
  • [本文1305]三月十四、与那国島の松原夫婦の孝を褒奨す。
  • [本文1306]本日、与那国島女人加良差の節義を奨す。
  • [本文1307]五月七日、具志川県主毛世英、県に直して教督すると定む。
  • [本文1308]七月、東宮に、御別当役を置くを准す。
  • [本文1309]七月二十七日、雷、与那覇堂村諷端多の松林に落つ。鄰家傷つく無し。
  • [本文1310]十月二十九日、真壁県糸洲村を前田原に遷すを准す。
  • [本文1311]十二月、御道具当役仮筆者二人を置くことを定む。
  • [本文1312]二十四年正月、始めて、王妃殿に大親仮筆者一人を加置することを定む。
  • [本文1313]二月十九日、総横目を廃す。
  • [本文1314]九月十日、大里県当間村を真壁原に遷すを准す。
  • [本文1315]十二月六日、褒美科律主取を置き、以て科律を定むることを諭す。
  • [本文1316]十二月十八日、与那嶺筑登之親雲上、請ひて貢船併びに槓^Jを堅くし、以て公費を省くを褒奨す。
  • [本文1317]本日、貢船の工師石川筑登之親雲上を奨す。
  • [本文1318]二十五年二月三日巳の刻、雷、天王寺南辺の間地に落ち、大松一株、長さ一丈五尺許りを撃破し、其の余は傷無し。
  • [本文1319]九月十九日、渡名喜島又吉の善行を褒奨す。
  • [本文1320]二十六年二月二十一日、宮古島の下地仁屋、造船の法を精習し、以て島人に教ふるを褒奨す。
  • [本文1321]三月二十一日、御系図座の仮中取一人を置くことを准す。
  • [本文1322]四月四日未刻、雷、羽地県仲尾次村の鍋平良の家に落ち、房屋を焼穿し、家人は恙無し。


  • ------------------ 球陽巻16-1 ------------------

  • [★★--足跡をのこしていただけるならここをクリックしてコメントをどうぞ--★★]