FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

------------------ 球陽巻2 ------------------

  • [★★-- msearch版球陽全文検索ができます。ここをクリックして検索してください --★★]


  • [★★-- mamas版 球陽全文検索ができます。ここをクリックして検索してください --★★]


  • [本文0067]附紀 巴志、父思紹を奉じて王と為す。〔鄭〕
  • [本文0068]二年、明の成祖、祭を武寧に賜ひ、並びに思紹に詔して王爵を嗣がしむ。〔鄭〕
  • [本文0069]六年、王、王茂を国相に陞せて長史の事を兼ね、並びに程復を郷に還すを請ふ。〔鄭
  • [本文0070]九年、山南王兄達勃期、汪応祖王を謀弑す。〔鄭〕
  • [本文0071]十年、冊封使陳季芳等、詔を齎して国に至り、封じて山南王と為す。〔鄭〕
  • [本文0072]十一年、尚巴志を遣はして北山王攀安知を滅さしむ。〔鄭〕
  • [本文0073]明の成祖、使臣不謹の罪を寛し、特に以て遣はし帰す。〔鄭〕
  • [本文0074]附紀 尚巴志、一統の治を致す。〔鄭〕
  • [本文0075]元年、次男尚忠、山北を監守す。〔鄭〕
  • [本文0076]三年、下天妃廟を創建す。〔鄭〕
  • [本文0077]附 天尊廟・上天妃廟・竜王殿を創建す。〔鄭〕
  • [本文0078]勅使周彝等、勅を賚して国に至る。〔鄭〕
  • [本文0079]四年、明の仁宗登極して洪煕と改元し、且、冊封使柴山、勅を賚して国に至る。〔鄭〕
  • [本文0080]王舅模都古等、一舟を賜はりて帰国せんことを乞ふ。〔鄭〕
  • [本文0081]五年、明の宜宗位に登り、宣徳と改元す。〔鄭〕
  • [本文0082]六年、宣宗、使を遣はして皮弁冠服を賜ひ並びに生漆・各色の磨石を買はしむ。〔鄭〕
  • [本文0083]七年、国門を創建す。傍に曰く中山と。〔鄭〕
  • [本文0084]八年、王、義兵を起し山南王他魯毎を滅す。〔鄭〕
  • [本文0085]九年、内官柴山・阮某、国に至り王に尚姓を賜ひ、柴山大安禅寺を創建す。〔鄭〕
  • [本文0086]宣宗詔を賜ひ、球国一統を褒嘉す。〔鄭〕
  • [本文0087]十二年、内官柴山、千仏霊閣を創建す。〔鄭〕
  • [本文0088]十四年、貢使の従人員数を改定す。〔鄭〕
  • [本文0089]十八年、蔡譲、亀~Qに命を救はる。〔鄭〕
  • [本文0090]附 王、鼎を定め丕いに教化を敷く。
  • [本文0091]附紀 山北監守の制を定む。
  • [本文0092]二年、通事沈志良、爪哇国に往きて、胡椒・蘇木を市ふ。〔鄭〕
  • [本文0093]四年、冊封使余~ト・劉遜等、勅を賚して国に至る。〔鄭〕
  • [本文0094]四年、冊封使陳傅・方祥等、勅を賚して国に至る。〔鄭〕
  • [本文0095]貢使跟伴、西番人を殴死し抵命す。〔鄭〕
  • [本文0096]王叔尚金福、王舅馬権度に附して、方物を英宗に進む。〔鄭〕
  • [本文0097]元年、自ら福建に造船す。〔鄭〕
  • [本文0098]二年、国相懐機、長江堤を築きて以て長寿神社を建つ。〔鄭〕
  • [本文099 ]三年、冊封使陳謨・董守宏、勅を齎して国に至る。〔鄭〕
  • [本文0100]附 那覇威部竈。
  • [本文0101]附紀 布里・志魯、王位を争ひ、両々傷つき倶に絶ゆ。
  • [本文0102]三年、冊封使李秉彝・劉倹等、勅を賚らして国に至る。〔鄭〕
  • [本文0103]始めて天尊廟の鐘を鋳る。〔鄭〕
  • [本文0104]附 芥隠、国に到り仏教大いに興る。王、諸寺を建立して巨鐘を懸く。
  • [本文0105]四年、新に天妃二廟及び万寿寺等の鐘を鋳る。〔鄭〕
  • [本文0106]五年、阿摩和利、護佐丸を讒害す。〔鄭〕
  • [本文0107]夏居数、旨を奉じ阿摩和利を攻め滅す。〔鄭〕
  • [本文0108]六年、王、金丸に命じ、御物城御鎖側職を授く。〔鄭〕
  • [本文0109] 附 宮古山の空広、中山に入覲す。
  • [本文0110]万寿寺を創建す。〔鄭〕
  • [本文0111]三年、冊封使藩栄・蔡哲等、勅を賚らして国に至る。〔鄭〕
  • [本文0112]五年、明の憲宗登極し、成化と改元す。〔鄭〕
  • [本文0113]慶賀の使臣、~メに在りて始めて造暦を学ぶ。〔鄭〕
  • [本文0114]程鵬を封じて正議大夫と為す。〔鄭〕
  • [本文0115]六年、王親しく自ら軍を率ゐて奇界を征討す。〔鄭〕
  • [本文0116]王、大宝殿を天界寺に創建す。〔鄭〕
  • [本文0117]呉弘肇の妻、水を王に献じ、以て褒嘉を蒙る。〔鄭〕
  • [本文0118]始めて泊地頭を建つ。〔鄭〕
  • [本文0119]七年、朝鮮王、方冊蔵経を寄送す。〔鄭〕
  • [本文0120]九年、王、輔臣に命じ巨鐘を鋳て、相国寺に懸けしむ。〔鄭〕
  • [本文0121]国人、王世子を弑して以て城外に葬る。〔鄭〕
  • [本文0122]附 腓城由来 〔鄭〕


  • ------------------ 球陽巻2 ------------------

  • [★★--足跡をのこしていただけるならここをクリックしてコメントをどうぞ--★★]