家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

------------------ 球陽巻4 ------------------

  • [★★-- msearch版球陽全文検索ができます。ここをクリックして検索してください --★★]


  • [★★-- mamas版 球陽全文検索ができます。ここをクリックして検索してください --★★]


  • [本文0199]二年、王、毛見彩に命じ、那覇里主を授く。〔鄭〕
  • [本文0200]八年、冊封使陳侃・高澄、勅を賚らして国に至る。〔鄭〕
  • [本文0201]九年、王、金を以て奏進し、以て冊使を労ふ。〔鄭〕
  • [本文0202]十一年、王、兵を発して大島を征す。〔鄭〕
  • [本文0203]十三年、毛見彩に奥渡より上の扱理を授く。〔鄭〕
  • [本文0204]地蔵堂を那覇東西の境並びに湧田の地に創建す。〔鄭〕
  • [本文0205]附 阿弥陀堂を那覇東西の地に建つ。
  • [本文0206]二十五年、金貴赤に国殿当官を授く。〔鄭〕
  • [本文0207]附 嘉靖年間、王、蔡霊中に命じ、御物城職に任ず。而して何れの世にして始まるかを知らず。
  • [本文0208]若狭町の衛氏、白銀を掘獲す。〔鄭〕
  • [本文0209]王農大親の女子、入りて後宮に侍す。〔鄭〕
  • [本文0210]那覇の薛明道、天神像を請来す。〔鄭〕
  • [本文0211]首里の湛氏、三たび神歌を唱へて~ユに波濤を静む。〔梁〕
  • [本文0212]元年、毛見彩に御双紙庫理を授く。〔鄭〕
  • [本文0213]二年、中国の掠めらるる金神等六名を福建に送還す。〔鄭〕
  • [本文0214]四年、屋嘉部村を創建す。〔梁〕
  • [本文0215]七年、冊封使郭汝霖・李際春、詔を賚して国に至る。〔鄭〕
  • [本文0216]王、金を以て命を請ふも冊使受けず。〔鄭〕
  • [本文0217]葛宜盛、石木奉行に任ず。〔鄭〕
  • [本文0218]奉神門前の石欄を創建す。〔鄭〕
  • [本文0219]天使館亭を加建す。〔鄭〕
  • [本文0220]九年、仲敬芝に大下司御物奉行を授く。〔鄭〕
  • [本文0221]十年、中国の掠めらるる人口、便を以て送還す。〔鄭〕
  • [本文0222]」十二年、穆宗登極し、隆慶と改元す。〔郵〕
  • [本文0223]十四年、中国の掠めらるる人口を送還す。〔鄭〕
  • [本文0224]十六年、王、大軍を統べて、往きて大島を征す。〔鄭〕
  • [本文0225]一廟を円覚寺に加建す。〔鄭〕
  • [本文0226]馬順徳、王の躬に代り、以て病卒を致さんことを祈り、遂に褒奨を蒙り、按司に擢んでらる。〔鄭〕
  • [本文0227]久米島の赤嶺・宇栄比屋、大島を討征して、地、数畝を賞賜さる。〔鄭〕
  • [本文0228]附 毛永蔭を始めて首里大親に任ず。〔鄭〕
  • [本文0229]元年、中国の掠めらるる人口を送還す。〔鄭〕
  • [本文0230]附 首里の宣擢英、親見世大門に於て門楼を創建す。
  • [本文0231]三年、明の神宗、貢使を優待す。〔鄭〕
  • [本文0232]七年、冊封使粛宗業・謝杰等、詔を賚らして国に至る。〔鄭〕
  • [本文0233]首里坊、榜を易へて守礼之邦と曰ふ。〔鄭〕
  • [本文0234]附 王永沢、瓦奉行に任ず。〔鄭〕
  • [本文0235]黄得正、勢頭頭役、大下司御鎖之側と為る。〔鄭〕
  • [本文0236]附 鑿りて那覇池塘を作る。〔鄭〕
  • [本文0237]元年、翁世恩に螺赤頭奉行を授く。〔鄭〕
  • [本文0238]四年、毛鳳儀等、謝名一族を征討す。〔鄭〕
  • [本文0239]毛鳳朝に金奉行を授く。〔鄭〕
  • [本文0240]五年、毛光秀に御物奉行を授く。〔鄭〕
  • [本文0241]九年、太平橋を創建す。〔鄭〕
  • [本文0242]十五年、扶桑の僧袋中、国に至る。〔鄭〕
  • [本文0243]十六年、楊壮盛に仲頭御鎖側を授く。〔鄭〕
  • [本文0244]十七年、総官野国、中華より蕃薯を帯び来り、以て国に播う。〔鄭〕
  • [本文0245]始めて天界寺を以て廟と為す。〔鄭〕
  • [本文0246]十八年、冊封使夏子陽・王士禎等、国に至る。〔鄭〕
  • [本文0247]十九年、神宗、~メ人阮国・毛国鼎を補賜す。〔鄭〕
  • [本文0248]二十一年、始めて宮古山に砂川頭職を置く。〔鄭〕
  • [本文0249]日本、大兵を以て国に入り、王を執へて薩州に至る。〔鄭〕
  • [本文0250]二十三年、王、薩州より本国に回駕す。〔鄭〕
  • [本文0251]宮古山に祥雲寺並びに神社を創建す。〔鄭〕
  • [本文0252]王、諸郡の按司掟を裁ちて、始めて地頭代を建つ。〔鄭〕
  • [本文0253]菊隠、相臣加判役に任ず。〔鄭〕
  • [本文0254]二十四年、毛泰運に貝摺奉行を授く。〔鄭〕
  • [本文0255]神宗命じて十年一貢に定む。〔鄭〕
  • [本文0256]二十六年、欽徳基、異人自了を生む。〔鄭〕
  • [本文0257]二十九年、向洪基に平等側官を授く。〔鄭〕
  • [本文0258]宣巨卿に浮得奉行を授く。〔鄭〕
  • [本文0259]毛振徽に当頭職を授く。〔鄭〕
  • [本文0260]三十一年、始めて八巻冠を制す。〔鄭〕
  • [本文0261]附 本国、隣国に聘問を為さず、只、宝島に通ずるのみ。〔鄭〕
  • [本文0262]首里の向益国、鬼語を聞きて以て其の子孫に告ぐ。〔鄭〕
  • [本文0263]那覇の金庫を毀つ。〔鄭〕
  • [本文0264]首里の毛時儀、石・木・鉄三奉行に任す。〔鄭〕
  • [本文0265]唐栄の鄭週、天界寺の~額を書す。〔毛〕
  • [本文0266]宮古・八重山に、績織の房を創建す。〔梁〕


  • ------------------ 球陽巻4 ------------------

  • [★★--足跡をのこしていただけるならここをクリックしてコメントをどうぞ--★★]