FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

------------------ 球陽巻7-1 ------------------

  • [★★-- msearch版球陽全文検索ができます。ここをクリックして検索してください --★★]


  • [★★-- mamas版 球陽全文検索ができます。ここをクリックして検索してください --★★]


  • [本文0424]即位元年始めて百官人民の夏・冬の衣服を定む。〔鄭〕
  • [本文0425]高奉行三員を設置す。〔鄭〕
  • [本文0426]始めて木・石・鉄奉行の結袖を免ず。〔鄭〕
  • [本文0427]始めて長寿寺を啓山に賜ふ。〔鄭〕
  • [本文0428]正殿を建造するのとき、使を久米島に遣はし材木を分採せしむ。〔蔡〕
  • [本文0429]始めて崇元廟に拝謁するの例を定む。〔毛〕
  • [本文0430]大美御殿主部・家来赤頭役を、改めて首里民に代ふ。〔毛〕
  • [本文0431]始めて御道具当を置く。〔鄭〕
  • [本文0433]始めて佳節に逢ふ毎に、茶酒を掌り之れを献ずるの員役を定む。〔毛〕
  • [本文0434]王子弟の朝礼を議定す。〔鄭〕
  • [本文0435]始めて、親見世若文子の、~モ髻を結ふのとき、登城して拝謝することに定む。〔毛〕
  • [本文0435]始めて諸僧の、新禧を朝賀することに定む。〔鄭〕
  • [本文0436]二年、瓦にて国殿を蓋ふ。〔鄭〕
  • [本文0437]宿藍田、~メに入り、始めて焼玉の法を学ぶ。〔鄭〕
  • [本文0438]始めて正月人日、臘月念七日に奏楽することに定む。〔鄭〕
  • [本文0439]正月、百官始めて円覚寺廟を拝すると改定す。〔毛〕
  • [本文0440]始めて歳暮及び正月に諸僧入覲するの時、庭に楽を奏することに定む。〔鄭〕
  • [本文0441]正月初七日、隠居の大臣自ら入りて朝賀することに改定す。〔鄭〕
  • [本文0442]宿藍田、身命を顧みず克く忠心を尽くす。〔鄭〕
  • [本文0443]三年、国殿を重修して、王、禁城に移る。〔鄭〕
  • [本文0444]神応・万寿・聖現の三寺、改めて真言宗寺と為す。〔鄭〕
  • [本文0445]日帳主取二員を設置す。〔鄭〕
  • [本文0446]大与頭官を設置す。〔鄭〕
  • [本文0447]始めて御物奉行帳当を置く。〔鄭〕
  • [本文0448]始めて元旦より望日に至るまで、番日に値ふ毎に禁城中庭に奏楽することに定む。〔毛〕
  • [本文0449]始めて宜野湾郡を置く。〔鄭〕
  • [本文0450]始めて糖三柱車を設け作り、教を国中に叙ぶ。〔梁〕
  • [本文0451]始めて久米島比嘉祝女を置く。〔鄭〕
  • [本文0452]四年、辻・仲島の二邑を創建す。〔鄭〕
  • [本文0453]聖廟を久米邑に創建す。〔鄭〕
  • [本文0453]張沂、身を致し力を励まして船中に戦死す。〔鄭〕
  • [本文0455]正月十一日、衆僧祈福することに改定す。〔鄭〕
  • [本文0456]正月初三日、三廟に幸行することに改定す。〔鄭〕
  • [本文0457]附 王、神託に因り大難を免れ、城外に幸する毎に必ず園比屋武嶽を拝して行く。
  • [本文0458]東光寺を俗家に売り為す。〔鄭〕
  • [本文0459]円覚寺・天王寺・天界寺の持僧の知行高を改定す。〔毛〕
  • [本文0460]嘉手苅等五邑を美里郡に属し、照屋邑は越来郡に属せしむ。〔毛〕
  • [本文0461]始めて真和志郡与那覇堂村を首里府に属せしむ。〔毛〕
  • [本文0462]五年、禁城の北に新に一路を開く。〔鄭〕
  • [本文0463]改めて当官を知念・玉城・久高に遣はして諸嶽を代祭せしむ。〔鄭〕
  • [本文0464]始めて王の、聞得大君宮に幸するを裁ち、使を遣はして諸嶽を代祭せしむることに改定す。〔鄭〕
  • [本文0465]貢船員役、海賊に遭ふ。〔毛〕
  • [本文0466]始めて恩納・大宜味・小禄・久志等の四郡を置く。〔鄭〕
  • [本文0467]六年、阿弥陀如来を海蔵院に移安す。〔鄭〕
  • [本文0468]安国寺を東宮の南地に移建す。〔鄭〕
  • [本文0469]暦書を印造して国中に通行す。〔鄭〕
  • [本文0470]始めて木屋庫を廃す。〔鄭〕
  • [本文0471]広徳寺の堂を創建す。〔毛〕
  • [本文0472]八年、御茶道を設置す。〔鄭〕
  • [本文0473]始めて御朱印を王相に賜ふ。〔鄭〕
  • [本文0474]宮平村の松嘉那、善く馬に騎し、嘉く馬を習す。〔蔡〕
  • [本文0475]南王、陳応昌を遣はして国に至らしめ、之れを招くも王従はず。〔鄭〕


  • ------------------ 球陽巻7-1 ------------------

  • [★★--足跡をのこしていただけるならここをクリックしてコメントをどうぞ--★★]