家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

------------------ 球陽附巻1 ------------------

  • [★★-- msearch版球陽全文検索ができます。ここをクリックして検索してください --★★]


  • [★★-- mamas版 球陽全文検索ができます。ここをクリックして検索してください --★★]


  • [附巻0001]十二年、日本の喜安入道、力を国に効す。〔鄭〕
  • [附巻0002]十六年、牛助春、身命を顧みず、薩州の命に反く。〔郷〕
  • [附巻0003]二十一年、毛鳳朝、王に扈従して薩州に至り、~ム々聖慮を慰む。〔鄭〕
  • [附巻0004]毛鳳儀等、馳せて兵警を報じ、貢期を緩くするを致す。〔鄭〕
  • [附巻0005]日本山崎二休、克く忠義を操り、以て重罪を累ぬ。〔鄭〕
  • [附巻0006]薩州の軍兵、金応煦の家を看守す。〔鄭〕
  • [附巻0007]附久米島具志川大掟、石を身に纒ひ洋中に沈没す。〔鄭〕
  • [附巻0008]二十二年、薩州使を遣はし、始めて本国田地の所出米数を定む。〔鄭〕
  • [附巻0009]始めて仕上世座職を設く。〔鄭〕
  • [附巻0010]蔡堅・馬成驥等、日本に飄至し以て国名を挙ぐ。〔郵〕
  • [附巻0011]二十三年、始めて知行を士臣に賜ふ。〔鄭〕
  • [附巻0012]菊隠国師、西来院を創建す。〔鄭〕
  • [附巻0013]鬼界等の五島、始めて薩州に属す。〔鄭〕
  • [附巻0014]王、八重山人民に命じて、桃林寺並びに神社を創建す。〔鄭〕
  • [附巻0015]二十四年、善済、始めて染色を国人に教ふ。〔鄭〕
  • [附巻0016]二十六年、馬瑞彩、身を家久公に致し、請ひて軍中に随ふ。〔鄭〕
  • [附巻0017]二十七年、全興盛、法司毛鳳朝を纔愬し、貶して百姓と為す。〔鄭〕
  • [附巻0018]二十八年、張献功、民に瓷噐を教ふ。〔鄭〕
  • [附巻0019]三十年、観音堂並びに慈眼院を創建す。〔鄭〕
  • [附巻0020]三十一年、盛元竜、蚕を飼ひ、綿を作るを久米島民に教習す。〔鄭〕
  • [附巻0021]三十三年、麻平衡、薩州より棉花を帯び来り、遍く国に播う。〔鄭〕
  • [附巻0022]附本国の人、始めて吃烟す。
  • [附巻0023][尚豊王]附記尚豊王、極位に登る。
  • [附巻0024]元年、向茂栄、善く算法を知る。〔鄭〕
  • [附巻0025]七年、尚盛、薩州より茶種を帯び来りて以て国中に播う。
  • [附巻0026]附南殿を創建す。
  • [附巻0027]九年、欽徳基、楽を日本大樹公及び帝王の御前に奏す。〔鄭〕
  • [附巻0028]薩州、球国の賦税を湊補するを赦免す。〔鄭〕
  • [附巻0029]十一年、運天、始めて筆を造る。〔鄭〕
  • [附巻0030]旅館を那覇に創建す。〔鄭〕
  • [附巻0031]十二年、平万祉、民に八丈島を織るの法を教ふ。〔鄭〕
  • [附巻0032]十三年、康仁寿、権現神像を請じて、波上山に安んず。〔鄭〕
  • [附巻0033]十四年、~瘰「徳、薩州に留在して、再び翰書の法を伝ふ。〔鄭〕
  • [附巻0034]~w世徳、本因坊と相対して囲碁す。〔鄭〕
  • [附巻0035]附琉球囲碁名人。
  • [附巻0036]十五年、茶春英、容貌人と異なり、命を奉じて薩州に到る。〔毛〕
  • [附巻0037]薩州、本国田地所出の米数を加増し、並びに土産に賦税す。〔鄭〕
  • [附巻0038]十六年、山奉行、鬼利死丹宗を査明するを兼理す。
  • [附巻0039]薩州、国王を以て国司と改称す。〔鄭〕
  • [附巻0040]十八年、照大寺を重修す。〔鄭〕
  • [附巻0041]二十年、駿馬を薩州光久公に献上す。〔梁〕
  • [附巻0042]附道雪入道、力を本国に効し以て大和横目と為る。〔鄭〕
  • [附巻0043][尚賢王]元年、尚成勲等、薩州の使と~qに八重山に到り、南蛮を討つ。〔鄭〕
  • [附巻0044]三年、日本人、奇神を八重山に見る。〔鄭〕
  • [附巻0045]四年、外間、始めて磨刀の法を学ぶ。
  • [附巻0046]仲村渠、始めて檜物師を学ぶ。
  • [附巻0047]王、始めて普天間神社に拝謁す。
  • [附巻0048]五年、薛礼興等、共に議して、鬱金を栽ゑ黒糖を~}き以て銀両に換ふ。
  • [附巻0049]六年、薩州、八重山在番の賦銀及び法司の三年詰を赦免し、且運粮船出洋して擱破せば、損、薩州に係ると定む。
  • [附巻0050][尚賢王]四年、始めて御典薬官を置く。〔鄭〕
  • [附巻0051]五年、名僧、南陽紹弘禅師遷化して尚遣霊有り。
  • [附巻0052]七年、総山奉行、人民の版籍を兼理す。〔鄭〕
  • [附巻0053]九年、再び鳩目銭を鋳る。〔鄭〕
  • [附巻0054]十年、馬国隆、西森嶽の拝殿を創建す。〔鄭〕
  • [附巻0055]十二年、住吉神社の宮殿を重修す。〔鄭〕
  • [附巻0056]十三年、李基昌、薩州に入り、画法を学ぶ。〔鄭〕
  • [附巻0057]十四年、平万祉、仁王石像を下天妃門内に奉安す。〔鄭〕
  • [附巻0058]十五年、国中、京銭と鳩目銭とを通用す。〔鄭〕
  • [附巻0059]改めて観音寺を聖家の僧に賜ふ。〔鄭〕
  • [附巻0060]十六年、~w思忠、身、忠義を操りて以て賊害せらる。〔鄭〕
  • [附巻0061]水雲庵を薩州球館に創建す。〔毛〕
  • [附巻0062]二十年、始めて五節に使を鎮守官に遣はして以て佳節を賀すことを定む。〔梁〕
  • [附巻0063]始めて、当・若里之子・花当の駅館を看番するを裁つ。〔梁〕
  • [附巻0064]二十一年、天王寺施餓鬼祭一次を減去す。〔毛〕
  • [附巻0065]附始めて大日寺を頼慶座主に賜ふ。〔鄭〕


  • ------------------ 球陽附巻1 ------------------

  • [★★--足跡をのこしていただけるならここをクリックしてコメントをどうぞ--★★]